2018年4月14日土曜日

ランツ ブルドッグ D2806 あれこれ

◆◆◆◆昔の記憶◆◆◆◆

lanz bulldog D2806
かつて私はランツ・ブルドッグというトラクターを洋書で知り憧れていました。その独特なメカとスタイルはどこかタトラ自動車にも通ずる天才的なシンプルさを感じたものです。

そして実際に「角ばったランツ」を初めて見ることが出来たのはスガノ農機【土の館】へ行った時でした。時は世紀末。

当時のオールドタイマー誌は良質なトラクター記事(矢吹氏による)が掲載されることがあり、このトラクター博物館も同誌で知り訪ねたのです。そして展示棟の前で最初に目にしたのがランツのD2806でした。

うおお!憧れのランツ・ブルドッグだ!
いや、本当の憧れは戦前から戦後しばらく生産された「焼き玉」ランツですが、それは当時は日本に存在しないと思っていたし、後の「フルディーゼル」時代にはデザインが大きく変わってしまうので、戦後世代でも焼き玉の面影がまだ残るD2806は十分に感動的でした。

また前輪が戦前から続く古いヨコハマタイヤのパターン(一式機動速射砲・・・)なのも後年輸入した物ではなく日本で実使用された証として嬉しく思ったものです。

◆◆◆◆希少なランツ◆◆◆◆

D2806が戦後の型といっても昭和20年代後半の日本では北海道ですらトラクター普及が始まったばかりで、戦前から続く焼玉エンジンは勿論、その後継であるHalbdiesel(半ディーゼルの意/ガソリン始動)時代のランツも輸入台数は少ないです。この28馬力の場合だと1953と54年に北海道で12台が納入されただけで個人ユーザーの購入は1台のみらしい希少品です。もっともこれより小型モデルは更に少なのですが。
なお土の館の製造1273番車は1953年製と推測します。

翌1955年にはVolldiesel(フルディーゼル)のD2816がデザインを一新して登場しますが、この世代は20馬力が多く28馬力になると他の小型のモデル程は見かけません。

◆◆◆◆後年にもう一台◆◆◆◆

lanz bulldog D2806 2015
そして2015年にもう1台、つまり12台中の2台目が出現しました。こちらはジョンディア風の塗装が気になりますが当然後で塗り替えたものです。

フェンダー前にステップ(雑具箱?)が追加されフェンダー上面が拡大されている事がこの個体の特徴的です。
また車体下部に何やら小さいプーリーが追加されていました。

ホイールは前後とも土の館と違うタイプですが海外の写真でも見られるので純正なのでしょう。また、こちらの前タイヤは新しめの3本リブタイヤに交換されていますが、ドイツ的なゴツゴツしたラグ付きの前輪でないと意外と雰囲気が欠けるものだなぁと思いました(トラック用でもいい)

粋な演出で牽引具にランツ名物の巨大ピストンがぶら下がっています。ただ野暮な事を言えば輸入台数的に別機種のピストンなのかもしれません。

◆◆◆◆記念すべき1/43ランツD2806‼◆◆◆◆

さて、前回1/43のランツブルドッグを8種類紹介しました。実はこれだけ模型化されているにも関わらず主要な機種がまだ多く残されていて、国内に実車が現存するランツもコレまで製品になっていないのでした。

 そして先日、9種目の1/43ランツをゲット!
(以下、スマホは横画面を推奨します)
IXO 1/43 lanzbulldog d2806 hachette traktoren-sammlung
ジャーンという事で、記念すべき「日本国内に実車が現存するランツの1/43ミニカー」の最初のモデルが登場したのです。それがこのD2806。

冒頭なぜ昔話みたいな事を言い出したかというと、思い入れのある特別な一台!と強調して喜びを伝えたかったのです。

IXO 1/43 lanzbulldog d2806 hachette traktoren-sammlung
さて、現在は館内展示されている土の館の個体を見比べると、実車は後輪ホイールを反転してワイドトレッド化している以外は基本的にプレーンな仕様に見えます。排気系は黒が正解っぽいので後にボディ色に塗ったのでしょう。

こうして見比べるとIXOはフェンダーに対して胴体の高さが足りないのですが、IXOのトラクターらしく雰囲気は大変良好です。
IXO 1/43 lanzbulldog d2806 hachette traktoren-sammlung
この世代は焼玉時代に比べるとボディ前部を1ブロック分延長した形になり、ボディからマフラーを出す形になるのがこの時期だけの特徴です。
独特の馬面に変わりましたが見慣れるとこれはこれで格好悪くはない気がしてきます(笑)

ランツブルドッグ D2806 土の館
その排気系、それまでの様な一体の排気管ではなく、ラジエターの下あたりから出た排気管がノーズ内にある「箱」へ一旦迂回してボディからマフラーを通す構造です。
 チャンバー?消音?煤取り?なにやら複数の効果が有りそうですが、おかげで森林鉄道の蒸気機関車の煙突みたいなマフラーの膨らみが緩和されたのだと思われます。

 この頃には電気式のエンジンスターターが装備されますが、外れたファンベルトのカバーの中に手動ハンドルも残っていています。緑の車両は排気管の下に何やら小さなプーリーが付いています。
実物と比べるのは酷ですがヒッチ回りも1/43ならば十分の出来かと。

2ストローク単気筒ディーゼル、水平シリンダーの横置きエンジンで、デフ以外はほぼ横軸のスパーギアで構成される魅力的なメカですが、さすがにPTOは90度曲げて後方に出しています(残念!w)実物は目立ちませんがスプラインシャフトが見えます。

anz bulldog D2806 ホイール

anz bulldog D2806 ホイール

ところで当初、土の館がホイールを反転しているとは想像しましたが、そうだとすると表面と裏面でプレス形状が大きく違うのは変な気がして確証が持てませんでした。気になるのでワザワザ確認しに行きました(笑)

実は予想に反してハブ部分はチャップリンの帽子というか幼稚園児のフェルト帽子というか、そんなお椀形の別部品を溶接していたのですね。なるほど表と裏で溶接箇所が違うので強度はバッチリでしょう。
勿論1/43モデルでは裏面の再現はされていませんけど。

こんな感じ
ところで1/43モデルの展示ベースには「1951」と表記されているのですが、どの資料を見ても製造年は1952~1955となっています。この模型はドイツ・アシェットTraktoren Sammlungの付録ですが冊子の方でも1952~1955と書いてあるのにどうした事か・・・IXO製品版が出たら変わるのかなぁ。

関連記事
 ●1/43スケール ランツ・ブルドッグ8種

2017年11月11日土曜日

ランツ・ブルドッグ 1/43スケール 8種

久しぶりにミニチュアのお話を。

2017年も終わりに近づいて来ましたが、振り返ってみると今年は1/43スケールのトラクター模型ではランツの新製品ラッシュでした。といっても僅か3種類なのですが、過去に5種類程しかなかった事を思えば記録的ですし、どれも平凡ではない機種選定だったので大満足の内容でした。

この新作3種は何れもドイツ版アシェットの刊行物が由来ですので現在国内での入手は難しいのですが、同じものをIXOが単品販売しているので今後輸入される事を期待しましょう。

では新作3種、と以前に紹介していなかった1つ、更におまけの4種を再紹介。

LANZ HEERESZUGMASCHINE TYP LD 1916

1916年のランツ。1921年の焼玉単気筒「ブルドッグ」で知られる以前の貴重なランツです。

 LANZ HEERESZUGMASCHINE TYP LD 1916

蒸気を内燃機に載せ替えたようなクラシカルなスタイルです。このLDは第一次大戦時に使用された「軍用輸送機械」で砲牽引車などに使われたようです。

元々ランツは蒸気機関トラクターを作っていたので、この様な巨大な内燃機関トラクターを作る事が出来たのでしょう。実車写真は少なく資料本でも多くは触れられず、このタイプのボディの実車も現存しているのか不明。なお、サイズもデザインもごく普通のトラクターも当時は作られていて、初代ブルドッグが如何に斬新でランツのイメージを変えたかが分かります。

まさかこんなブルドック「前史時代」のモデルトラクターが出るとは夢にも思いませんでした。シリーズの今後も期待させる逸品です。当然ながら1/43モデル化されたランツとしては最古の機種でしょう。

D 7506A ALLZWECK TRACTOR 1952

 戦前の25馬力モデルの戦後生産型です。1945-52年の製造だそうですからこのモデルは最終年の型といなります。名物のGlühkopf(焼玉エンジン)搭載ランツとして好ましい印象のモデルです。
lanz bulldog D 7506A 1952 ixo 1/43
 ランツの命名法は原則から外れた物が多く研究者泣かせですが、この頃はまだ守られていているようで「D 7506A ALLZWECK」を暗号解読しますと「農業用25馬力6段変速電装付き汎用」となり、「A」が付くのはこのタイプの簡易な屋根付き仕様といった感じでしょうか。ALLZWECKD(汎用、多目的)はこの様なスポーク式の細めタイヤを履いた仕様になるようです。

実はコレ、何故かロシア版アシェットの「ソビエト・ロシアのトラクター」にラインナップされてビックリしました(東側と関係ないと思うデス)。まぁ日本の「国産名車」シリーズに外車が混ざるのと同じ感覚ですかね。アニメの総集編みたいなスケジュール上の穴埋めかもしれません。後で実は本筋のドイツ版アシェットからも同じものが出ていたと知りました。

なお、IXO版が日本でも発売されないかなぁと思っています。比較的廉価なシリーズでありながらUHとシュコーの中間くらいの高品質で、ライトは透明部品、さらにドイツ車のシリーズなのでアイテムの魅力は十分、特にこのブルドッグの小さく凝縮された感じは良いです。

D4016 1957

「最後のブルドッグ・モーター」搭載のランツ。Volldiesel(フル・ディーゼル)、つまりディーゼルエンジンのブルドッグで新開発の4222cm3 ディーゼルが使用された最初で最後の機種です。

lanz bulldog D4016 1957 ixo 1/43

ブルドッグ・モーターとは何かというと、巨大な横置き・水平・単気筒のエンジンの事で、最大の特徴であった焼玉機関を止めた後もランツ・ブルドッグを印象づける特殊なエンジンでした。

このD4016当時のランツは既にオールドッグと小型モデルに一般的な縦置き直立エンジンが搭載されていて、各種の「ブルドッグ」もいずれ普通のエンジンに代わる運命だったのでしょうがランツらしいデザインは維持していました。そしてこのD4016はかつての無骨さが戻りつつ有るような雰囲気を感じるので、この先のランツのデザイン変遷も見てみたかった気がします・・・

1956年、ジョンディア(JD)が株式51パーセントを取得した事でランツ社はJD傘下になります。かつてはランツと同じく横置き水平シリンダー(ただし2気筒)を特徴としていたJDも既に平凡なデザインに変わっていました。そして1960年あたりから実質JDのドイツ工場になり、面白みのない「ジョンディア-ランツ」が作られたようです。

D4016は1957-60年の生産ですから全てJD傘下で販売された事になります。数少ないランツ製フル・ディーゼルでの最大馬力にして最後の機種となりました。
Lanz D6006 

「最大出力のブルドッグ」かつ最重量のランツ・ブルドッグ。
ランツがHalbdiesel(直訳すると半ディーゼル)と呼ぶエンジンを搭載、それは始動時にガソリンを使うタイプのディーゼルエンジンを指します。
ちなみに焼玉エンジンを英語でセミディーゼル(半ディーゼル)とも呼ぶのでこの辺りを注意しないと混乱します。本当に!


こちらは新製品ではありませんが未紹介だったのでついでに。

上記フルディーゼルの4006と比べると古く感じるスタイルですが、生産は1955-62年で、2年早く始まり2年遅く終わったランツ最末期モデルという括りで良いかと思います。同時代のランツらしくジョンディア・グリーン版も登場します。

このSchuco製ミニチュアは結構以前に発売されたのですが、再生産されていないらしくJDグリーン版も含めて現時点では入手が難しくなっています。

出来はシュコーらしい素晴らしいもので、モールドが潰れがちなグリルをエッチングの穴あきメッシュで表現しているのは最高ですし、牽引具にコンビーフの巻き取り鍵みたいなのが刺さってるのは写真に撮って気づいたくらいです。ただ、スタイルにあまり魅力を感じない機種(みんなそう思う筈!)なのが残念ですかね。

以下は以前に紹介しましたがアップデートも兼ねて


シュコー ランツ・アイルブルドッグ

商品名に機種名(番号)は有りませんがディテールからみて55馬力版のD2531だと思います。密閉キャビン(ハードトップ)のD2539と思われる機種も出ています。幌を閉じた状態や色バリエーションと魅力的な限定版が後で出て来てウ~ンと思ったりします(笑)

出来もシュコーらしいシッカリした物でアイルブルドッグ好きなら満足感が得られるでしょう。


ユニバーサルホビー D8506 1949

古い呼び名でHR7にあたる機種で、当初は30馬力でしたがこの年式では35馬力のモデルです。

比較的安価な部類ですが、シャープなモールドで気持ち良いモデルです。当初はランツの雰囲気があまりしないモデルと思っていましたが、実車も丸いフェンダーや小さめのライトで少し違和感が有るので、実はむしろD8506を良く再現しているのだと評価します。

シュコー ランツブルドッグ

こちらのシュコーも商品名に機種名(番号)は有りません。外見からでは判断しかねるランツでコレは困りますがバリエーション上の自由度を考えたのでしょうか。ただ、コレをベースにアルゼンチンのPAMPA(55馬力)を出したりと考証的に疑問アリな物もあるのです。D6006の高品質ぶりを見るとこの類のランツも新作が欲しいのですが・・・これは人気なのかよく再販されているようです。
ユニバーサルホビー D7506 1938

フランス・アシェットの「世界のトラクター」03号の物です。当時トラクター模型付きの雑誌は初の試みで、恐らく4号あたりまで試験発売も兼ねただろうと考えるとシュコーの廉価版みたいな出来も仕方ないのかもしれません。D7506であれば上記の最新IXOと同じ機種になりますし、シュコーも同じという事であれば3メーカーでバッティングという勿体ない事になってますね。


先日、個人的にランツ・ブルドッグを好きになって25年目と気づきました。

当初は洋書でしか見られない伝説の妖怪のように思っていたのですが、ネットの普及で実車も模型も身近になったものですね。隔世の感があります。

関連記事
●ランツ ブルドッグ D2806 あれこれ